最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  
容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。

点滴。

  1. 2007/12/31(月) 20:21:38|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
12/28金曜日、ぷーにゃん今年最後の診察のため仕事を休み、病院へ。

病院前にはわんこを連れて何人も待っていた。とりあえず順番取り(といってもお互い顔を見て、この人たちの次が私、みたいな感じ)のために私だけ車から降りてわんこたちと並んで待った。
みなお互いのわんこの話をしているなか、犬も猫も連れてない私は微笑んで聞いてるだけだった。
私の前の人が診察室に入ったところで、ぷーの入ったカゴを車から降ろして病院前に置き着ていたダウンコートをかけた。
わんこ連れの方が「猫ちゃん?わんちゃん?」と聞かれるので「猫なんです。」と答えると「猫ちゃんかぁ。」と言って、おしまい。
猫ちゃんには興味がないらしい。。。

ぷーはどんどん食べる量が減っていた。背中がとても骨っぽくなってきていた。自分達はおなかが空いたら食べる。それが普通で、他の誰かが食べれなくてもそれがどれだけ苦しいことなのか実感として湧かない。
けれど、目に見えて痩せたぷーの身体を触って、食べたいのに食べれないぷーがどれだけ苦しいか、分かった気がした。

順番が来た。中へ入る。先生が「どお?食べれない?」と聞く。量は減ってる、でも食欲があってね。。「食欲あって食べれないのはかわいそうだよ。」缶詰よりカリカリを食べるようになったんだけど、なんでだろう、と聞くと「飲み込みやすいからだよ。」と。そうなんだね。ぷー、生きようと必死なんだ。
どうなるんだろう、どこまで腫れるんだろうって思うよ、と言うと「食欲があるうちはあたしは安楽死出来ないしな。点滴!家で点滴してあげるしかないよ。」と。咄嗟に「出来ないよ、先生!」と言ったが「食べたいのに食べれないんだよ?かわいそうじゃん。大丈夫、出来るって!」とほらこうするんだよ、と点滴セットに注射針を付けてぷーの首より下くらいをつまんで浮いたところに針を刺す。刺さった感触、ぷーが痛がってる様子を見せないことにホッとした。

10日分の点滴薬をもらって帰宅した。





もうすぐ15歳のぷっくる、今年も元気でいてくれてありがとう。





同じく14歳のまんなん、いつもひょうきんで優しくて。ほんとは大好きだよ。





13歳のにゃんち、いつも若々しくて可愛らしくて、おてんばさん。来年も元気でいてね。





ころちゃん、とても弱っころくてタイミングが悪くてぷっくるに怒られてしょげてることが多いころり。ころちゃんのカイカイ、来年はよくなるようお母さんがんばるよ。





ぷーにゃん、ほんとにいい子で可愛くて甘えん坊で。病気してよかったと思ってくれるくらい可愛がるから。どうか最後は私の手の中でね。

みんな愛してる。また来年も元気でいてください。

DTIブログって?